TDI ベーシックサイドマウントダイバーコース

サイドマウント講習 プールトレーニング

TDIベーシックサイドマウントダイバーコースはレクリエーショナルダイバーにもテクニカルダイバーへもおすすめできるコースです。体のサイドに左右タンクをフックするスタイルで、安全性、快適性において様々なメリットが得られます。拡張性が高く、このコースをベースとして、減圧ダイビングやレック、ケーブなど様々なテクニカルダイビングへの可能性があります。私自身、洞窟の調査、レック、トライミックスからリブリーザーまでをこのサイドマウントを使って行っています。冒険心あふれるダイバーの夢の扉を開くコースとも言えるでしょう。
講習は、メキシコにある世界最大のケーブシステム調査に用いられるレザーの器材をベースに行っています。ただ単にサイドにマウントするのではなく、サイドマウントのメリットデメリットを考えながら、テクニカルダイビングへ移行できる講習を行います。
減圧手順、アドバンスレック、ケーブなどへサイドマウントを用いて進みたい方には必須のコースとなります。

サイドマウントスキルトレーニング
サイドマウント レック&減圧ダイビング
サイドマウント ケーブ測量

このコースの対象者:
水中スキルとテクニックの拡大を目指すSDIまたはTDIダイバー
ダイビング技術教育を進め、機器構成オプションを拡大することに関心のある認定ダイバー

コースの前提条件:(これらの要件は、トレーニングの開始前に満たす必要があります)
18歳以上
SDIオープンウォータースキューバダイバー、または同等の最低認証

学習内容:
TDIサイドマウントダイバーコースでは、以下のすべてを詳しく見ていきます。

異なるボリュームを含むガスマッチング手順
独立したシリンダーを利用したガス管理
テクニカルダイビングの心理的考察
以下を含む機器の考慮事項:
シリンダーオプション
レギュレーターのオプション
BCD/ハーネスオプション
ウエイト調整
機器構成
コミュニケーション(光と手の信号)
サイドマウントコンフィグレーションの問題解決
狭い場所や狭い場所でのダイビング
環境保全
エントリー、エキジット
サイドマウントダイビング専用のSドリル

マスターするべきスキル:

  • フロッグキック、モディファイドフロッグキック、モディファイドフラッターキック、バックキック、ヘリコプターターン、プリング。
  • 適切な浮力制御。手や足を動かさずにホバリングする能力。
  • 適切なトリム。ダイビングの潜降、移動、浮上の部分で適切な位置を維持する能力。
  • トリムと浮力を維持しながら、次のスキルを実行する能力を示します。
  • サイドマウントシリンダーの取り外しと取り付け
  • マスクありとなしのガス切り替えを実行する
  • 独立したシリンダー内のガスを安全に管理する能力を示す
  • 保全、認識、後方参照テクニックのデモンストレーション
  • リフトバッグを配備する
  • 追加シリンダーの携行(オプション)

このコースを修了すると?このコースを修了すると、次の制限が守られている限り、卒業生は直接監督なしでサイドマウントダイビングアクティビティに参加できます。

  • ダイビング活動がトレーニングの活動に近似している
  • 活動の領域はトレーニングの領域に近い
  • 計画されたダイビングは、ダイバーの現在の認定レベルを超えない

費用

【受講料】80,000円 (税別)3日間
学科、実習、ボートダイビング費用、登録申請料金が含まれています。
限定水域またはプール+3ダイブ(最大水深 23m)
認定条件に達しない場合には追加の講習が必要になります。
アドバンスドナイトロックスコース、減圧手順と合わせたコースも開催可能です。
価格はお問い合わせください。

必要な器材、以下のものをご用意ください。
当店でも販売いたしております。

プライマリレギュレーター (DIN 2台、2.1mのロングホース、90度アダプター付きのホース、残圧系+ショートホース、中圧ホース)、ブレイクアウェイ
BCD レザーコンプリートシステムを推奨 (ウエイトポケット3個、ポーチ、バックアップバンジー、リギングキット)

適切なスーツ、マスク2個、フィン
ダイブコンピューター、コンパス
カッティングディバイス
バンジーコード
ダブルエンダースナップ 1個
SMB +スプール
水中ノート
予備パーツ

水中ライト、ヘルメット、バックアップライト(オプションですが、あれば講習で使い方を説明できます。)