ホエールスイム

沖縄本島ホエールスイム
沖縄本島ホエールスイム

ザトウクジラは冬になると、繁殖、子育ての為、北の海から沖縄本島近海まで移動してきます。沖縄本島でクジラと泳ぐことは、これまでは夢のような話でしたが、ダイビングサービスの試行錯誤の上、厳しくルールを決めて、近年開始されるようになってきました。

天候や海洋状況など、すべての条件が揃わないとホエールスイムが成功するのは難しいですが、水中で出会えたときの感動と興奮は、一生忘れられない思い出になることでしょう。

ホエールスイムは沖縄本島ではまだ数艇だけが、ホエールスイムを行っているだけです。クジラに対しての配慮から多くの人が参加することはできません。弊社の契約している船も35名乗りのダイビング専用ボートの定員に対し、ゲスト12名限定での乗合になりますので、乗船枠はとても少ない貴重なものになります。コロナで人のいない今年はある意味、少ないチャンスかもしれません。早めのご予約をお願いします。

コース詳細

コース名 : ホエールスイム
ツアー期間 : 2022/1/25〜2022/3/21
料金 : ¥19,000(税込)
料金に含まれるもの:スノーケル機材、乗船代、恩納村ホテル送迎
料金に含まれないもの :ランチ、駐車場代(現地集合の際にお車でお越しの方)

参加条件

  • ダイビングCカード保有者(シリンダーは背負いませんシュノーケルスイムになります。)
  • スノーケルまたはスキンダイビングCカード保有者(ライセンスをお持ちで無い方は半日で取得できるスノーケラーコースがございますスノーケルコースをご覧ください。)
  • 病歴診断書が全てNOで健康状態に問題ない方
  • 器材の脱着がスムーズにできる方
  • 波、流れがあっても自分で泳げる方
  • 船長、ガイドの指示に従える方
  • ルールを守れる方 注意事項とルール リンクをお読みになりダウンロードしてご署名ください。 

病歴、年齢: 病歴該当なしの方、当日ご署名いただきます。病歴診断書をご確認ください。
【病歴該当あり・通院中・お薬服用中の方】診断書・同意書が必要となります。
気胸・喘息・心臓病・てんかん・妊娠中等 は、弊社の規定により、診断書があってもご案内できません。
【55歳以上の方】
病歴の有無に関わらず、全ての方に家族の同意書をご提出いただきます。

ダウンロード
注意事項とルール
病歴診断書


サンプルスケジュール

5:30〜  恩納村発ホテルピックアップ
6:30〜 三重城港集合
7:00〜  出航 沖縄本島近海でクジラ捜索
     見つけ次第スイム撮影チャレンジ
     船上にてランチ各自のタイミングで
     時間の許す限り捜索を繰り返します
15:00〜  帰港。ホテル送迎or現地解散
※サンプルになりますので、この通りとは限りません。海況などによっては帰港時間が前後する場合もございます。

現地集合場所は三重城港待合室になります。ナビでバイパスに誘導されることがありますのでご注意ください。有料駐車場は1日あたり500円になります。

現地集合場所 三重城港待合室
沖縄本島ホエールスイム
沖縄本島ホエールスイム

ホエールスイムのイメージです。

出航と同時に沖縄本島周辺でクジラを探します。船はクジラを驚かさないようスローで航行します。船長、ボートクルー、一生懸命クジラを探しますが、船の全方位を全てチェックするのは困難です。より遭遇率、撮影チャンス率を上げる為、皆様も一緒にクジラを探しましょう!

☆酔い止めが効きにくい方は前日の夜に1回、当日の朝1回酔止めを服用すると効きやすい傾向があります。
☆2〜3時間経ってもクジラに遭遇できない事もよくあります。自然の生き物ですご了承下さい。無理せず休憩を取りながら気長に待ちましょう。

クジラを見つけてもすぐに近づきません。距離をとり遊んでくれるクジラか観察します。
ガイドが様子を見に先にエントリーします。
個体によってはチャレンジをしない場合もございます。スイム撮影にチャレンジできるかは船長、ガイドが判断致します。皆様はいつでもエントリーできる準備をして下さい。
揺れる中での準備になります。機材、カメラなど落とさないように注意して下さい。
☆マスクの調整、ブーツの着用などは事前にしておきましょう。
☆カメラはデッキに置いたままにはしないようにしましょう。揺れで落ちて壊れたり、海に流れてしまいます。手でしっかりホールドしましょう。リーシュコードやストラップを活用します。
☆万が一器材、カメラを落とした場合、水深が深い為拾いに行けません。各自でしっかり管理して下さい。

船長の合図でエントリーします。
エントリーは静かにスムーズに水しぶきを上げないように!前の人との間隔をあけずに入りましょう。
ガイドは旗を持っています。ガイドを追い越す事は絶対しないで下さい。
基本的には泳ぎません。泳ぐ事が必要な場合は、水しぶきを上げないようにそっと泳ぎましょう。
☆エントリーポイントは水底の見えないブルーウォーターです。不安な方はガイドの側にいましょう。
☆エントリー後は『水面を漂う流木』のようになって下さい。水しぶきを上げるとクジラが逃げます。
☆近くで見たい、撮影したいからといって勢いよく泳いでクジラを驚かせたりしないで下さい。
☆クジラの尾びれには近づかないで下さい。危険です。
☆子供のクジラを連れている母クジラは神経質になっている事があります。子クジラを追いかけたりは絶対しないで下さい。
☆クジラを見る&撮影するには参加者皆様の協力が必要になります。

クジラが遊んでくれなくなったらエキジットします。ガイドを先頭に1列になって船の迎えを待ちます。船長またはガイドの指示があるまでは、勝手に船に近づかないで下さい。とても危険です!合図後は船に近い人からエキジットします。ラダはー2カ所。必要な方から優先的に。ラダーを使用せずエキジットできる方は、フィンキックで勢いをつけて上がります。
☆ラダーの付け根付近を持つと指を挟んで大怪我をします。付け根付近は絶対に持たないで下さい!
☆エキジットの際、基本的にはフィンを履いたまま上がります。(フィンを落とすと水深が深く取りにいけません)

スイムのチャンスがあれば時間が許す限り何度も繰り返します。疲れた方は無理せず休憩を入れて下さい。
出航してから帰港するまで船は動いたままになります。特別にランチの時間を設けてはいません。手軽に食べれるおにぎりや、パンなどをご持参頂いてます。クジラを探してる間に皆様のタイミングでお取り下さい。
写真をご自身のSNSやブログに投稿される方は、開催地に『慶良間』の文字は入れず『沖縄本島』と記載下さい。慶良間諸島でのホエールスイムは禁止されています。その為、弊社では沖縄本島周辺での開催とさせて頂いております。
また、通常のホエールウォッチングの船が鯨のそばにいる場合は、スイムは行いません。その場合は船上から観察になります。

沖縄本島ホエールスイム
沖縄本島ホエールスイム

注意事項

  • 禁止事項:素潜り、クジラを追いかける行為、クジラにストレスを与える行為。水中スクーターの使用。
  • ガイドの指示を守れない方ルールを守れない方には、スイム禁止にする場合があります。
  • スイムを予定している鯨に対し、ホエールウォッチング船が接近してきた場合はその鯨に対しスイムを中止して船上からの観察に切り替えます。
  • 当日の帰港時間:海況によって帰港時間が早まったり、遅くなったりする場合があります。ホエールスイム後のフライトには余裕を持ってスケジュールを立ててください。
  • 海況不良により、ホエールスイムを早めに切り上げたり、朝集合時に急遽中止になる場合もあります。
  • クジラが見つけれなかった、スイム撮影ができなかった場合でも返金はございません。自然が相手なので必ず鯨に出会えるといった保証はいたしかねます。ご了承の上ご参加ください。ツアー中船酔いでスイムに参加できなかったなど、いかなる理由でも返金はございません。また、次回以降に無料で振替乗船なども行っていません。
  • カメラ等海に沈んでしまうものには、ストラップの着用をお勧めします。水深が深いため落としても取りには行けません。
沖縄本島ホエールスイム
沖縄本島ホエールスイム